沈黙の臓器、肝臓

girls are tired

胃腸に消化不良が起こると、痛みを覚えたり下痢をしたりと、さまざまな目に見える、あるいは体で感じる症状が出てくるようになります。
心臓に異変が起こると、動悸が激しくなったり胸のあたりが痛んだりといった症状が出てきます。
このように、臓器や器官は不調を訴えるべくさまざまな症状を発するのですが、肝臓はそのような症状をなかなか表に出すことがありません。
それが、この臓器を人呼んで「沈黙の臓器」という理由です。

「じゃあ、肝機能を改善させる効果があるというLiv.52 DSはいつ飲んだらいいのか?」
そんな人もいらっしゃるでしょう。
説明しましょう!沈黙の臓器と呼ばれる肝臓ではありますが、さすがに異変があればサインが現れます。そのサインを見逃さず、Liv.52 DSを飲むようにしましょう。
まずは、自分でも「最近ちょっと乱れてるな。体もだるいし……」と思うような生活を送っている人は要注意です。
暴飲暴食や睡眠不足などは肝臓に負担をかけます。黙っているだけで実はダメージを蓄積させている可能性が大なのです。
そして、そんな生活の中、鏡を見たときにふと「あれ、白目ってこんなに黄色かったっけ?」と気づいたとき、それはLiv.52 DSを飲むタイミングだと言って間違いないでしょう。
純白のホワイトであるはずの白目が黄色っぽくなっているとき、それは「黄疸」という状態です。血液の浄化が上手くいかず、老廃物が溜まって黄色くなった血液が眼球の毛細血管を流れているために、そのような色が見られます。
これは、肝臓の血液浄化作用が衰えている証拠です。すぐに生活を見直し、Liv.52 DSを飲んでいきましょう。